おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続税の相談

遺産相続トラブル

相続税お尋ね

遺留分

遺言書作成

お役立ち情報

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

遺産分割協議の話し合いと相続財産の価値

多額の相続財産を分配するために、遺産分割協議の内容に注目をすることが重要なポイントとして挙げられます。 近頃は、遺産分割協議の進め方に着目をしている人が増えてきており、それぞれの希望をしっかりと伝え合うことが成功につながります。

また、相続財産の価値や種類については、素人にとってすぐに判断しにくいことがあるため、定期的に弁護士や司法書士などの第三者に対応を任せることがおすすめできます。 その他、実際に遺産分割協議を行ったことがある人からアドバイスを受けることで、将来的な不安を解消することが良いでしょう。

遺産分割協議と財産の分け方

遺産分割協議の際に財産の分配の方法をしっかりと話し合っておくことで、相続人間の紛争を回避することが可能となります。 近年では、遺産分割協議に関するトラブルの発生件数が全国的に増えてきており、いざという時に備えて、信頼度の高い法律の専門家にサポートをお願いすることも良いでしょう。

一般的に、遺産分割協議の大切さについては、数々の媒体で紹介されることがあるため、空き時間を使いながら、役立つ知識を身に着けることが大事です。 その他、財産の分与をするメリットやデメリットを事前に確認することが望ましいといえます。

遺産分割協議で合意できない時は家庭裁判所で調停をする

遺産分割協議は、相続人や受遺者(遺言により財産を取得した者)全員の合意があって初めて成立します。それは、全員の合意がなければ決して成立せず、協議が続く事を意味します。

ただし、長期間に亘り協議を続けていても二次相続などが発生し、さらに相続手続きが困難になる可能性もある事から、遺産分割協議で合意できなかった場合には、家庭裁判所において遺産分割調停および遺産分割審判を申し立てる事が一般的です。

この場合、まず調停を申し立て、そこで家事審判官や調停委員を含めた協議を行い、それでも合意しないときは自動的に遺産分割審判へと移行し、裁判官から判決を受け、遺産分割をする事になります。

遺産分割協議と換価分割のメリット

遺産分割協議が停滞しているときには、換価分割などの方法を差使用することで、それぞれの意見をうまくまとめることが可能となります。 最近では、土地や家屋の相続の仕方について迷っている人が多くいますが、短期間のうちに経験豊かな弁護士にサポートを依頼することで、遺産分割協議の話し合いをすぐに終えることができます。

もしも、換価分割の手続きの取り方に関して知りたいことがあれば、実績のある法律事務所のホームページやパンフレットなどを参考にすることで、短期間のうちに役立つ知識を身に着けることがとてもおすすめです。

遺産分割協議に参加できなくなった場合

人が亡くなると、亡くなった人の所有財産は遺産となります。遺産の名義を被相続人(亡くなった人)から相続人に変更する手続きが一般的に相続と呼ばれています。相続の際、遺産の分配割合は、被相続人が遺言を作成していない限り、相続人間での話合いによって決めていくケースが殆どです。この相続人間での話合いを遺産分割協議といいます。この話し合いは基本的には相続人の全員参加が必須条件です。相続人が一人でも欠けていては全員満足する結果になりません。

しかし、この遺産分割に関する話合いは一日で終わるものではありません。遠方に居住している相続人がいる場合、話合いのたびに帰省しなければならないというのは合理的ではありません。ですから実際には全員が集まって協議を行うことは殆どないのが実情です。

もしも相続人が一人でも遺産分割協議に参加できなくなった場合でも現在は携帯電話やメールなどですぐに連絡がつきますから、電話でのやり取りで話をまとめていくことが可能となります。肝心なのは協議が相続人全員が満足する内容で成立するか否かなのです。成立さえすれば、遺産分割協議書の作成が可能となります。これに全員の署名・押印があり、印鑑証明書が添えられていれば、たとえ全員が集まって協議を行わなくても書類としては有効なものとなるのです。

遺産分割協議の必要性について

親族が亡くなり、葬儀が終わった後には遺産を分配しなければなりません。遺言書などが作成されていない場合には、相続人同士の話し合いで決めていかなければなりません。相続においては時間が限られていますので、決められた時間内で決めていかなければなりません。

相続人同士が納得できる話し合いになれば良いですが、遺産分割協議はスムーズに進まないケースもあります。そのような場合においては、家庭裁判所で争わなければいけなくなります。そうなってくると、費用も時間もかかりますので、はじめから専門の機関に依頼することをおすすめします。

相続税・遺産分割協議に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。