おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続税の相談

遺産相続トラブル

相続税お尋ね

遺留分

遺言書作成

お役立ち情報

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

弁護士事務所に相続税相談

最近では弁護士事務所の中で、弁護士や司法書士などいろんな法律家がチームとなって相続税や相続の問題に対応してくれる事もあるみたいですね。相続税と言っても、いろんなケースがありますので、弁護士が代理人となって法廷で決着をつけるなどという問題も相談される可能性があります。

難しい相続税の問題は最終的に弁護士が解決へと導く事もあるでしょう。金額が大きいので不安な場合や、被相続人と上手くいっていないなどという時には、念のため弁護士に相続税の話をした方がいいかもしれませんね。

結果として、相続税はもちろん相続に関するすべての問題点を解決する事ができればいいですね。家族みんなにとっていい結果を目指したいですね。

相続税の申告不要の場合は弁護士へ

金額にもよりますが、相続税の申告不要という状況もあると思います。その場合には、相続税は関係なく無事に相続ができればいいので、弁護士に相談する事ができます。被相続人について紛らわしいケースなどには、弁護士がその種類の問題を得意としている事もあります。

相続税の申告は常に必要な分けではなく、取り分けて一定以上の金額を相続する際に相続税が発生します。弁護士に相談すべきかどうかという事は、相続税の状態によって判断するのもいいかもしれませんね。弁護士の他にも司法書士に相談したりする人もいる様です。すでに困難な状態になっていても、弁護士であればそこから解決できる可能性もあると思います。

預貯金の相続について

預貯金は名義人が亡くなったことがわかった段階で凍結され、他の者が出し入れすることができなくなります。相続が発生した場合、遺言書があれば、それに従って手続きを行いますが、ない場合は法定相続人でそれぞれの受取り分を話し合い遺産分割協議書を作成します。

それを銀行に持参するか、または銀行で定めた払い戻し請求書に記載捺印して持参する方法がほとんどです。この際、全員の印鑑証明書や戸籍謄本、亡くなった人の戸籍謄本などが必要です。また相続税が発生する場合は、他にもさまざまな手続きが必要なため、大阪で行う場合には専門家に依頼するのがよいでしょう。

相続放棄を行う前に

親が借金を遺した場合には、自分が引き継いで返済しないといけない事になります。ですので、相続放棄を行って返済しなくてはいい様にしないといけません。

しかし、相続する前に返済している期間が長い場合などには逆に過払い請求を行う事ができるかもしれません。多額の借金がある場合には、恐怖心などからすぐに相続放棄を行う人もいます。

その前に過払い請求を行う事ができないかどうか確認しておきたいですね。場合によっては多額の過払い金が発生しているという事も考えられます。

相続した借金については相続放棄を行う前に、借金の状態がどの様になっているのかという確認を急いだ方が良さそうですね。

相続相談、配偶者と子どもの相続の割合

相続相談には様々なものがありますが、その中でも比較的多い相続相談というのは、相続の割合についてです。相続人は、まず配偶者相続人と血族相続人に分けられます。たとえば、夫が亡くなった場合、妻と子どもが相続人になりますが、子どもがいない場合はすべてを妻が相続することになります。

子どもがいる場合は、妻が2分の1を、子どもが残りの2分の1を相続します。子どもが複数いる場合は、その2分の1の財産を人数分に等分します。たとえば2人子どもがいれば4分の1を相続することになります。また子どもがおらず、直径の親がいる場合は、配偶者が3分の2、親が3分の1となります。

親の遺産相続のメリット

親の遺産相続の取り組み方については、多くの消費者の間で重要なポイントとしてみなされることがあります。 そこで、遺産相続に関するトラブルの事例を定期的にチェックすることによって、短期間のうちに役立つ知識を身に着けることができます。

もしも、遺産相続の利点について迷っていることがある場合には、信頼度の高い弁護士や司法書士などに相談を持ち掛けることによって、隙間時間を利用しながら、便利な情報をキャッチすることが可能です。 その他、早いうちから親の財産の総額を定期的に計算することが成功のコツとして挙げられます。

相続税・遺産分割協議に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。