おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続税の相談

遺産相続トラブル

相続税お尋ね

遺留分

遺言書作成

お役立ち情報

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

遺産相続と終活

結婚したい人が行う婚活だけでなく、いい死を迎えるために終活を行う人も増えているみたいですね。

エンディングノートを作ったり、葬儀の手配などを行う人までいる様ですね。また、終活というのは話題になっており、あちこちでこの言葉を耳にするようになりました。

自分のためだけではなく、残された家族の事についても考えておきたいですね。終活の一つとして、遺産相続の準備はマストと言えるのではないでしょうか。

後回しにするのではなく、遺産相続の準備を早めに行っていると安心ですね。つい忘れてしまったり、更に面倒になって後回しにしてしまう事もあるでしょう。
家族の事を心配する必要もありませんね。

遺産相続に必要な戸籍謄本の種類

遺産相続を行う際には、相続人を明確にすることが非常に重要となります。その為、相続人を特定する目的で本人の戸籍謄本が非常に重要な意味を持ちます。又、子どもが結婚して独立している場合などは最新の戸籍には掲載されていないことも多いため、この場合には書き換え前の戸籍が必要になることも少なくありません。

遺産相続の相談をする場合には相続人を特定する資料として、戸籍謄本と書き換え前の戸籍が有ることが大切です。又、家族構成や状況によっては、除籍謄本と言われる、本籍地の変更などで誰もいなくなった戸籍が必要になることも有ります。

相続税の確定申告は遺産相続でも重要な手続き

相続税の確定申告は、遺産相続の中でも重要な手続きの一つです。 相続税の計算は、まず、被相続人が残した遺産の額から葬儀費用などの負債を差し引いた残額を計算し、さらに基礎控除額(3000万円に法定相続人一人に対し600万円を加算した金額)を差し引いた金額を法定相続分で分割します。

それぞれの法定相続人が取得したと仮定した金額に税率を乗じ、そこから算出した税額を合算したものが相続税となります。そしてそれを実際に相続する人が取得した財産の額に応じて按分し、税額控除を差し引いた金額が納付する相続税となります。 ただし、実際の遺産相続においては、相続税の計算は複雑であるため、税理士に依頼する事がほとんどです。

遺産相続の相談は誰にする?

遺産相続においては、相続財産や相続の状況によって弁護士、司法書士、行政書士、税理士など相談する専門家が異なります。

遺産相続において遺産分割で争いがある場合は、裁判などを行う場合もあるため弁護士が適切です。争いがなく、不動産の相続登記など相続に係る手続きに関しては司法書士が適切ですし、遺言書の作成、相続人の調査、遺産分割協議書の作成などは、司法書士のほか行政書士でも良いです。相続税など税金に関する事は税理士の範囲です。

それぞれの専門家によって行える手続きの範囲が異なりますので、どういった内容について相談したいかを考慮して選択すると良いでしょう。

遺産相続に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。