おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続税の相談

遺産相続トラブル

相続税お尋ね

遺留分

遺言書作成

お役立ち情報

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

相続税お尋ねは恐れずに対応

税務調査になったり、相続税についてのお尋ねの封筒が税務署から届くと何かと恐れてしまう事もあるかと思います。追徴課税が発生すると高額な費用がかかるのではないかという事が頭をよぎります。

しかし、相続税お尋ねは課税対象以外の人の所に届く事もあります。ですので、相続税についてのお尋ねは恐れずに対応したいですね。相続税についてのお尋ねが届いたら、まずネットで調べながら何とか完成できそうかどうか検討したいですね。

もし、不安な場合には、税理士に相続税についてのお尋ねについて聞く事ができます。記入時はミスや不備などがない様に注意すると同時に、正確性を重視する様にしたいですね。

相続税お尋ねの発生の時期について

遺産相続の際には、高額な納税額が発生することがあるため、前もって信頼のできる税理士や公認会計士などのスタッフに相談を持ち掛けることが良いでしょう。 また、相続税お尋ねの時期については、一般の消費者にとって、すぐに理解をすることが難しいため、まずは実績のある事務所のアドバイスを受けることが有効です。

相続税の計算方法に関しては、様々なメディアで紹介されることがありますが、将来的に様々なリスクの発生を予防したい場合には、相続人の間で話し合いをすることはもちろんのこと、税務のプロのサポートを依頼することが肝心です。

相続の順位について

相続が発生した場合、故人に対してどのような関係であったかによりどのような順番で相続人になるかや配分について決められています。順位は配偶者は必ずなり第1は子供、第2に直系尊属で第3に兄弟姉妹となっています。

その順位の者が一人もいない、または全員が権利を放棄した場合に次の順番の者が権利を得られるようになっています。 この順番は第3ので最後になっており、相続開始時に兄弟姉妹が亡くなっていたり権利を失っている場合には代理でその者の子供の甥、または姪になります。ただ子供の場合と違い再代襲は認められていないため一代限りとなります。

相続税お尋ねと調査について

税務署から相続税お尋ねが送られてくることがありますが、そもそも何故送られてくるかというと相続税をきっちり取りたいからです。 では、相続税お尋ねを無視しても、提出義務は別にないので問題が無いけど、デメリットがないか不安になりますよね。

もし、提出しなかった場合には、税務署にマークされて税務調査をされる可能性がかなり上がります。 そして税務調査が入った場合でも、お尋ねを提出していなかった場合は、確実に疑って調べられるので提出しない事がかなり不利に作用します。

相続税お尋ね の書き方が解らない場合は、税務署に電話で相談すれば指導してくれます。 また、税理士に税務を依頼している場合には、聞けば書き方をおしえてくれます。

相続税お尋ねが届いてから弁護士事務所を訪れる

ある程度以上の資産を持っていた方が亡くなった場合に、税務署から相続税お尋ねという書類が送られてきます。この書類は、法定相続人が相続をする際に、相続税がかかる可能性があることを知らせる書類です。なぜ税務署は、亡くなられた方の資産を把握できているかと感じますが、ある程度の銀行口座などの情報を税務署は持っていて、死亡の通知を受けて計算して相続税お尋ねを送ってきます。

相続税お尋ねを受け取った場合には、相続税の計算が必要になります。計算の業務は主に、弁護士などがすることができますので、書類を持って弁護士事務所を訪れると必要な情報を提供してくれます。

相続税お尋ねに関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。