おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続税の相談

遺産相続トラブル

相続税お尋ね

遺留分

遺言書作成

お役立ち情報

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

遺留分の承認を受けるには

遺留分が認められる事例については、素人が独自に判断をすることが困難であるため、短期間のうちに経験豊富な弁護士が在籍している法律事務所にお世話になることがおすすめです。

とりわけ、相続額の承認を受けるためには、ある程度の時間が必要となりますが、なるべく多くの法律事務所の成功事例をチェックすることによって、いざという時にも信頼のおけるスタッフと見つけることが可能です。

また、遺留分の金額の相場について知りたいことがある場合には、各地の有力な法律事務所の無料相談のチャンスを利用することがとても効果的です。

遺留分の承継の方法について

相続財産の承継をするためには、法律上の専門的な知識が必要となることがありますが、なるべく多くの弁護士や司法書士などから助言を受けることで、様々なトラブルを回避することができます。

また、遺留分の請求ができるケースに関しては、初心者にとって理解しにくいことがあるため、定期的に便利な情報をキャッチすることが望ましいといえます。

もしも、遺留分の対処の仕方について迷っていることがある場合には、プロの弁護士や司法書士が在籍している法律事務所に相談を持ち掛けることが重要なテーマの一つとして位置付けられています。

遺留分と成年後見制度について

成年後見人の遺留分の有無については、法律上の判断が必要となることがあるため、経験豊富な弁護士や司法書士などから定期的にアドバイスを受けることがとても有効です。

また、遺留分を受け取るためには、複雑な手続きを進めなければらないため、いざという時に備えて、実績のある専門家のサポートを利用することが欠かせません。

ニーズの高い法律事務所のサービスの内容に関しては、数々の情報誌やウェブサイトなどで分かりやすく紹介される機会が増えており、まずはなるべく多くの人の口コミをチェックすることが成功のポイントとなります。

遺留分は強行規定なので侵害できない

日本の相続放棄は、任意に遺言が残された場合はそれに従って相続が行われ、それがない場合にはじめて法定相続分に従った相続がなされることになっています。しかし、遺留分という規定があり、これは強行規定で侵害できないことになっています。

これは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人に対して適用されます。具体的な遺留分は、直系尊属だけが相続人の場合は相続財産の三分の一、それ以外なら二分の一です。同順位の相続人が複数いる場合は、それを等分します。これは、強行規定であるので、遺留分減殺請求をすることで回復することができます。

知っておきたい遺留分のこと

祖父や祖母などといった家族や親族が亡くなった場合、遺族はそのかたが遺された財産を相続する権利を持ちます。そして実際に相続する場合には、法律によって定められた割合を計算して、その遺産を受け取ることになります。その法定割合のことを遺留分と呼んでいるのです。

この割合には総体的なものと個別的なものとがあり、個人のかたが受け取ることができるのは総体的に分配された遺産をさらに、相続権を有している親族間で分割した額となります。また一般にはあまり浸透していない情報ですが、遺留分には減殺請求権というものがあり、これによって相続権を有している人間であれば、遺産を受け取ることができるのです。

遺留分の正当な取り分とは

遺留分の詳細は残念ながら、あまり知られてはいません。しかしながら、遺言書に関係なく正当な取り分をもらえることから、内容をきちんとリサーチしたう絵できちんと理解し、相続においても確固たる対応をしていくことが大切となります。

遺留分においては期限もありますので、請求しないと権利が失われてしまいますので、注意が必要となります。インターネットでも多くの情報が掲載されています。都心部にある法律事務所や、専門機関では無料相談にも対応されていますので、まずは相談に行くことから、はじめてみてもいいかも知れません。

遺留分に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。