おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続税の相談

遺産相続トラブル

相続税お尋ね

遺留分

遺言書作成

お役立ち情報

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

相続税を含む問題をまとめて弁護士相談

相続の相談をする時には、相続税だけでなく複数の事について相談したい事も出てくるかもしれません。

そんな時には、弁護士相談をする人もいます。

しかし、弁護士事務所の中には、弁護士のみならず税理士や司法書士、または行政書士が一緒に対応してくれる所もあります。その場合には、どの法律機関に相談するかという事で頭を抱える事なく、相続税を含む相談であっても、まとめて弁護士事務所に相談する事ができますね。

相続税だけであったり、または相続税を含まず遺産分割だけの相談をしたい人もいれば、いろいろ聞きたい事があるという事で弁護士事務所を訪れる人もいます。確かに、相続税はややこしい部分も多いと思いますので、適応だと思われる専門家に相談して、きちんと処理を行っておきたいですね。

相続や贈与の税金についての相談

相続や贈与について相談をするのであれば、弁護士を利用するのが確実です。ただし、税員のことに関して相談をしたいというのであれば、弁護士よりも税理士に相談した方が適切なアドバイスをもらうことができます。

ただし、相続や贈与については、法律的な問題とかかわっているため、弁護士の助言も必要です。最近では、両者が提携して事案の相談を扱っている事例も見受けられます。そうではないところと比較すると、より高度な相談にも対応しているため、このようなところを活用するのが、自己の利益になります。大阪にもそのようなところはたくさんあるため、調べて利用してみましょう。

遺産相続と延滞金について

遺産相続の際には、高額な所得税の支払いが必要となることがありますが、定期的に延滞金のリスクを考慮することによって、様々なトラブルを回避することができます。 人気の高い税理士事務所においては、無料相談のチャンスが充実しているため、少しでも迷っていることがある場合には、腕利きのプロフェッショナルからアドバイスを受けることが良いでしょう。

もしも、遺産相続のタイミングについて知りたいことがあれば、信頼度の高い法律事務所のスタッフと打ち合わせをすることがコツです。 そして、経験者と継続的に話し合いをすることが有効です。

遺産相続における被相続人とは誰の事?

遺産相続に関してはトラブルになりやすいために法律でそのルールが定められています。法律用語はなかなか難しく言葉だけではいまひとつわかりにくいこともあります。遺産相続で被相続人とは簡単に言うと亡くなった人のことです。

要するに遺産を残した人ですね。一方、遺産をもらう側、つまり残された親族などを相続人と呼びます。遺言がない場合は亡くなった時点での血縁関係や婚姻関係をもとにして相続人や相続する割合などが決まりますがトラブルになりやすいため、できることなら自分の死後のトラブルで親族がもめないようにするためにも遺言を残しておくといいかも知れません。定められた形式に則った遺言があればそちらが優先されますから、もめる可能性は少なくできます。

相続税・遺産分割協議に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。