おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続税の相談

遺産相続トラブル

相続税お尋ね

遺留分

遺言書作成

お役立ち情報

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

把握したい相続税の税務調査

できる事なら、事前に相続税税務調査が具体的にどんなものであるのかという事を把握しておきたいと考える人もいるかと思います。

相続税税務調査については、ネットで探すとたくさんの記事が見つけられる事でしょう。相続税の税務調査が不安な人などは、少しでもいろんな事を知っていると、具体的に対策する事ができますので、不安の軽減につながるのではないでしょうか。

相続税税務調査が大変そうに感じられる場合には、専門家を呼ぶのもいいでしょう。相続税の税務調査において申告漏れなどがあった場合には、多額の税金の支払いが発生する可能性もある事から、早くから真剣に考えている人は多いみたいですね。

相続税税務調査の実地調査の特徴・調査先について

相続税税務調査における実地調査は、相続税に関する申告内容が正しいものであるか・漏れが無いかを確認する目的で、相続人の自宅や事務所に調査官が出向く事によって行われる事がある調査です。

他の税務調査と違って、申告内容による特徴や傾向があまり見られないのが特徴です。但し調査対象の8割以上において、申告漏れ・修正申告の必要性が指摘されているとのデータが公開されており、事前の精査がしっかり行われている事を伺う事が出来ます。

相続税税務調査では納税義務者が複数に渡る事が多い為、調査先に普段は滞在・居住していない相続人の立会が求められる事があります。また調査先は基本的に、被相続人である故人の自宅・事業所となります。

相続税税務調査の対象決定の判断内容とは

税務署が相続税税務調査の必要性を判断する際には、個々の案件における蓄積データが重要な要素となります。ここでのデータは相続税の申告書は勿論の事、被相続人である故人が過去に提出した所得税・贈与税等の申告書等も含めた横断的なものとなっています。

税務署はこうしたデータから被相続人が所有すると思われる財産の種類・金額を推察した上で、それに対して過少と思われる申告が為されているケースについて税務調査の対象とするか、事後対応の対象とするかの対応を決定する事となります。

従って、遺産総額が高めであるケースや申告の不備が多数見受けられるケースにおいて、優先的に相続税税務調査の対象とされる事となります。

相続税税務調査の際の税理士の立会い

人が亡くなり、市区町村役場に死亡届が提出されると、税務署にも通知がいきます。そして、相続税税務調査というものが行われます。では、この相続税税務調査とはどんなもので、どのような対応をすれば良いのでしょうか。

相続税の申告後1〜2年後くらいに行われることが多いです。相続人全員が立ち会うことが望ましいですが、実際には代表者だけ、という場合が多いようです。しかし、我々素人では知識が十分ではないため、プロである税理士に依頼し、申告書の内容が正しいかどうかの確認をしてもらったり、一緒に立ち会ってもらうことが得策なのではないでしょうか。

申告書から相続税の税務調査が入る事も

実際には、申告書の内容によって相続税税務調査が入るという事もあるそうです。

まず、相続税の税務調査は矛盾などがあると、詳細を調べるために実施される事もある様です。ですので、相続税の税務調査対策として、申告書はミスや矛盾点がない様にしておく様にしたいですね。

しかし、知識がない人が見ても、どこが矛盾しているのか分からない事もありますので、相続税の税務調査の対策をしておきたい人は、法律家にお願いして記載を代行してもらうなどしたいですね。

プロが書類作成を行う事で、相続税の税務調査に強いものにする事ができるでしょう。しかし、矛盾がなくきちんとした書類を提出しても、調査が入る可能性はあります。

相続税・遺産分割協議に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。