おさえておきたい相続税や遺産相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)問題

相続税の相談

遺産相続トラブル

相続税お尋ね

遺留分

遺言書作成

お役立ち情報

相続(相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議書作成、遺留分)について考えてみませんか?

弁護士だけで相続税が対応できない事も

何と言っても法律と言えば弁護士を思い浮かべる人も多いほど、弁護士と言えば法律に関してとても広く扱う事ができます。

しかし、相続税など一部の申告については、弁護士であってもできない事もあります。

ですので、相続税の相談など何でも弁護士に相談するのではなくて、事前に弁護士に相談していい問題であるか確認する様にしたいですね。

また、相続税についても話を聞いて欲しい時には、税理士もいる法律事務所を探すといいと思います。実際に相続税が発生するケースは多くはなく、非常に高額な場合のみですが、実際に相続税が発生するケースというのもあると思いますので、相談先の機関を間違わない様にしたいですね。

相続トラブルを防ぐ生前贈与とは

生前贈与とは、生きているうちに財産を譲ることです。死んだ後に譲られる財産をあらかじめ譲り渡しておくことで、財産分与に関するトラブルを防いだり、財産を減らすことで相続税を減少させることができます。

死後に譲る財産には相続税がかかり、生前に譲る財産には贈与税がかかりますが、控除や非課税措置を利用することで税金を抑えられます。生前贈与の手続きは税金の知識がないと損をする場合もあるので、司法書士や弁護士といった専門家に相談するほうが結果的にお金の節約に繋がります。大阪には法律の中でも相続を専門とする事務所があるので、無料相談などを活用しましょう。

遺産相続の延長のデメリット

遺産相続を行う場合、期限があることを知ることは重要です。延長する場合のデメリットを考慮した相続手続きを行うことがポイントです。遺産相続の手続きをそのままにしておいても相続人以外の人のものになることはありません。

しかし、遺産相続の手続きを延長した場合のデメリットはたくさんあり、リスクをともないます。三ヶ月以内に相続放棄をしなかった場合は多額の借金を相続しなければならない事態になることもあります。四ヶ月以内に所得税の申告をしないと余計な税金がかかることがあります。その他にもさまざまなデメリットがあります。

お墓は遺産相続しても税金がかからない

人間が亡くなったら、故人が所有していた財産は遺族に相続されることになります。遺産相続の対象になるものは現金や不動産、株など金銭的な価値があるものすべてです。遺産相続するものについては法律に則って相続する権利を有する人たちに分配されます。

ただ遺産を相続した場合は控除額以上のものついては相続税を支払う必要がありますが、お墓は相続しても税金がかからないようになっています。そのため生きている間にお墓をたてておくことによって、相続者に譲っても相続税がかからなくなり、遺産を相続する人たちへ負担を減らすことができるようになっています。

相続税・遺産分割協議に関する記事

相続(相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成)に関する情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺留分、遺言書作成、遺産分割協議書作成などの相続に関する記事以外のお問い合わせはこちら

相続(相続手続き、遺産分割協議書作成、遺留分、遺言書作成など)の詳細は弁護士、司法書士事務所にお尋ねください。お近くの大阪、千葉、東京の弁護士、司法書士事務所にご相談ください。